ご予約・ご相談はこちら

ホワイトニング

ホワイトニングとは?


ホワイトニングとは、歯の色を明るく白くするための治療方法です。

食事や飲み物、タバコなどによって歯が変色してしまうことはよくありますが、ホワイトニングを行うことでこれらの変色を改善することができます。多くの人が美しい白い歯を手に入れたいと思っており、ホワイトニングはその願望を実現する手段として人気を集めています。

歯の色でお悩みの方は当院にご相談ください。

当院のホワイトニング

デュアルホワイトニング

歯科医院でのオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングを組み合わせる治療法です。

まず、当院で特別な薬剤を使用し、専用の光を照射するオフィスホワイトニングを受けていただきます。その後、ご自宅でのケアとして、毎日1〜2時間程度、薬剤を塗布したマウスピースを装着するホームホワイトニングを行っていただきます。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングの明るい変化を即座に実感することができる利点と、ホームホワイトニングの効果を持続させることができる利点の両方を取り入れた治療法です。この方法を選ぶことで、効果的な歯の美白が期待できます。


オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行われる効果的な治療方法です。特殊な薬剤を歯に塗布し、専用の光照射器で光を当てた後、薬剤を洗い流すというプロセスを数回繰り返します。

高濃度の薬剤を使用するため、一回の施術でも効果を実感しやすいのが特長です。しかし、その反面、色の後戻りが起こりやすいため、定期的にホワイトニングの施術を受けたり、調整を行うことをおすすめします。


ホームホワイトニング

患者様ご自身によってご自宅で行われる方法です。

当院で特別に作製したマウスピースに適量の薬剤を入れ、毎日1時間から2時間ほど装着していただきます。薬剤は低濃度で使用されるため、白さを実感するまでには時間がかかりますが、薬剤がじっくりと浸透するため、効果の持続性に優れ、後戻りを抑えやすいという利点があります。

また、ホームホワイトニングは、患者様の生活スタイルに合わせて取り組みやすいというメリットもあります。

ホワイトニングの注意点


ホワイトニングは、美しい白い歯を手に入れるための人気のある方法ですが、正しいケアと注意が必要です。

人工歯は白くならない

ホワイトニングの対象は天然歯のみです。クラウンやベニアなどの人工歯は、ホワイトニングによる色の変化を期待できません。

知覚過敏が生じる可能性

ホワイトニングの過程で、一時的に知覚過敏が生じることがあります。

歯の神経やエナメル質が刺激を受けるため、冷たい飲み物や熱い食べ物に敏感になることがあります。通常、一時的な症状であり、治療終了後に自然に軽減します。

色の後戻りに注意

ホワイトニング後、時間の経過とともに色の後戻りが生じることがあります。

飲食物や喫煙などの要因により、徐々に歯の色が元の状態に戻る可能性があります。色の後戻りを最小限に抑えるためには、定期的な歯科クリーニングやメンテナンスが重要です。