お知らせ

インプラントの寿命はどれくらい?

インプラント

インプラントは今までの治療で使われてきた装置と比較しても、長持ちすることが有名ですが、インプラントの寿命は10~15年ト言われています。そもそも、インプラント自体に10年の保証がついていることがほとんどです。治療後のメインテナンスをしっかりと行っていれば、通常10年は持たせられます。ただし、あくまでも平均的な寿命が10年であり、メインテナンスを怠っていると、ケアの状況次第では10年持たずに5年などで寿命がきてしまうこともあります。逆に、メインテナンスをしっかりとしていれば15年経っても問題なくインプラントを使用できている患者様もいらっしゃいます。そこで今回は、インプラントの寿命についてと、インプラントの寿命を縮める原因や、延ばす対策をご紹介させて頂きます。インプラント治療をお考えの方は、岡山市のみつはし歯科医院までお気軽にご相談ください。

インプラントとその他の治療の寿命を比較

歯を失った際の治療方法としては、インプラント以外にも、入れ歯やブリッジといった方法があります。そこで、各治療方法の寿命について詳しく見てみましょう。

・インプラント

インプラントの平均寿命は10~15年と最も長いです。インプラントは自費の診療で費用が高く、治療期間も長い治療方法ではありますが、長年使う事ができることを考えると、コストパフォーマンスは高い治療法と言えます。ただ、メインテナンスを怠ると寿命は短くなりますので、その点はお気を付けください。

・入れ歯

平均寿命がこの3つの中では一番短いのが入れ歯です。入れ歯は5年くらいで新しいものに作り変えるのが一般的です。入れ歯に関しては、着脱式のもののため、この寿命の5年の間にも調整をしていく必要があります。

・ブリッジ

インプラントの次に平均寿命が長いのがこのブリッジです。8年くらいは使用することができます。ブリッジに関しては歯を削って行う治療ですので、元の状態に戻すことはできないですから、8年の寿命を考えると、寿命が長いとは言いづらいです。

上記で、それぞれの治療法に関する平均寿命を記載させて頂きました。それぞれの治療法には特徴がありますが、どの治療法にも言える事はメインテナンスが必要ということです。ケアを怠ってしまうと、平均寿命よりも短い時間で寿命を迎えてしまう可能性も御座います。

インプラントの寿命を縮める原因

インプラントの平均寿命についてご紹介させて頂きましたが、インプラントの寿命を縮める原因は何になるのでしょうか?細かく説明させて頂きます。

・インプラント歯周炎

インプラント歯周炎は、インプラントが歯周病と同じような状態になってしまう事です。インプラント治療後も、天然歯と同じように日々の歯磨きや歯医者での定期的なクリーニングを行っていないと、最近がインプラントと歯肉の間に入り、インプラント歯周炎となります。放置しておくとインプラントの寿命はどんどん縮んでいき、悪化するとインプラントを支えていた骨が無くなっていきます。歯周病と同じで、初期段階はほとんど痛みがなく、自覚症状はありません。インプラントは歯周炎にかかってしまうと、完治するのが難しいです。

・喫煙

たばこに含まれているニコチンは、歯肉の血流を悪くしてしまいます。そのため、インプラントを支えている歯肉に酸素がいきわたりにくくなり、細菌に感染してしまうリスクが高まります。インプラントを支える歯肉の機能が低下してしまうと、インプラントを支える事ができなくなり、結果として寿命を縮めてしまいます。

・嚙み合わせが悪い

噛み合わせが悪い場合は、特定の歯に負担がかかってしまいます。その歯がインプラントの場合、インプラント体や、上部構造のセラミックの部分に負担がかかってしまいますので、破損したり削れてしまう可能性があり、寿命を縮める原因となります。また、嚙み合わせが悪いと細菌に感染するリスクも高まります。

インプラントの寿命を延ばすには

インプラントの寿命を縮めてしまう原因を説明させて頂きましたが、延ばす対策もあります。どのようなメインテナンスをすればよいのか、解説させて頂きます。

・歯医者での定期メインテナンス

毎日のセルフケアだけでなく、歯医者でのケアも必要です。歯医者では、日々のセルフケアだけでは落とせない細かな汚れもしっかりと落としてくれますので、インプラント歯周炎になるリスクも軽減でき、結果としてインプラントを長く使って頂く事ができます。

・セルフケア

インプラントは天然歯と同じで、歯周病にはなります。日々の歯磨きで天然歯と同様、予防することは可能ですので、しっかりと歯磨きをする習慣を身につけましょう。

・嚙み合わせの改善

噛み合わせが悪いと、特定の歯に負担がかかりますので、必要に応じてはマウスピースを装着するなど、歯医者で相談して頂き対処してください。

・喫煙回数を減らす

喫煙を続けていると、インプラント歯周炎になるリスクは高まります。禁煙するのが難しいという方でも、まずは喫煙回数を減らしてみるなど少しずつ改善できるように試してみてください。

まとめ

今回は、インプラントの平均寿命とインプラントの寿命が縮まる原因や改善方法についてご説明させて頂きました。インプラント治療後のメインテナンス次第で、使える期間が大きく変わってきますので、是非参考にしてみてください。岡山市でインプラント治療をお考えの方は、みつはし歯科医院までお気軽にご相談ください。

みつはし歯科医院のインプラントのページはこちら

関連記事